Epoxomicin  

強力なプロテアソーム選択的阻害剤 新発売!

Epoxomicin は1992年に M. Hanada らにより Actinomycete strain No.Q996-17 の醗酵培養液から抗癌作用を指標として抽出されました[J. Antibiot., 45, 1746 (1992).]。次いで1999年に L. Meng らにより強力かつ選択的なプロテアソーム阻害剤である事が見つけられました[Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 96, 10403 (1999).]。彼らの報告では、Epoxomicin はプロテアソームのサブユニットの中で LMP-7, X, Z とMECL1に非可逆的に結合しプロテアソームを選択的に阻害するが、Calpain, Papain, Chymotrypsin, Trypsin, Cathepsin B に対しては 50 mM濃度でも阻害しないことが明らかにされています。この特異性の高さは M. Groll らが X 線結晶解析で解明した阻害様式(図1)に起因していると考えられます [J. Am. Chem. Soc., 122, 1237 (2000).]。

epxmcn-mech

図1 Epoxomicin によるプロテアソームの阻害様式

また、培養液に Epoxomicin, Lactacystin, Z-Leu-Leu-Leu-H (aldehyde) を加え培養細胞中の p53 の代謝阻害やユビキチン化された蛋白質の蓄積を調べる実験では、Epoxomicin は Z-Leu-Leu-Leu-H (aldehyde) とほぼ同等の作用があり、Lactacystin よりはるかに強いと報告されています[Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 96, 10403 (1999).]。

弊社で化学合成した Epoxomicin のプロテアソームに対する IC50は 9 nM 程度であり、その阻害活性の強さはZ-Leu-Leu-Leu-H (aldehyde) に匹敵し、Lactacystin よりかなり強いことが認められています(図2)。

epxmcn-data Inhibitor: Epoxomicin, Z-Leu-Leu-Leu-H, Lactacystin,
Substrate: Suc-Leu-Leu-Val-Tyr-MCA (4.4 μM)
Enzyme: 20S proteasome (1.1 nM), BostonBiochem lot 5799P
Buffer: 20 mM TrisHCl/0.5 mM EDTA/0.035% SDS (pH 8.0)
Temp: 25℃
Total volume: 340 μL
Preincubation: 10 min (Inhibitor/Enzyme)
Data reading: 1 min to 50 min
Em: 450 nm, Ex: 360 nm

図2 プロテアソ-ム阻害活性の比較

ペプチド研究所のユビキチン-プロテアソーム系研究用試薬

コード 製品名 包装・容量 価格
4381-v Epoxomicin 0.2 mg Vial ¥20,000

関連阻害剤

コード 製品名 包装・容量 価格
4368-v Lactacystin 0.2 mg Vial ¥20,000
3207-v Ubiquitin Aldehyde 0.05 mg Vial ¥20,000
3169-v Z-Ile-Glu(OBut)Ala-Leu-H (aldehyde) [PSI] 5 mg Vial ¥6,000
3175-v Z-Leu-Leu-Leu-H (aldehyde) [MG-132] 5 mg Vial ¥4,000
3170-v Z-Leu-Leu-Nva-H (aldehyde) [MG-115] 5 mg Vial ¥4,000

関連基質

コード 製品名 包装・容量 価格
3140-v Boc-Leu-Arg-Arg-MCA 5 mg Vial ¥5,400
3120-v Suc-Leu-Leu-Val-Tyr-MCA 5 mg Vial ¥6,000
3176-v Z-Leu-Arg-Gly-Gly-MCA 5 mg Vial ¥7,000
3179-v Z-Leu-Leu-Glu-MCA 5 mg Vial ¥6,000
3177-v Z-Leu-Leu-Leu-MCA 5 mg Vial ¥5,000


Scroll to top