アジュバント / ワクチン研究に期待されるリピドA 2021/08/25

このたび、新製品としてAlcaligenes由来のリピドAを販売します。本製品は、自然免疫活性化因子として知られるリピドA類の中でも毒性が少なく、免疫系を効率的に活性化して抗体産生を増強します。その為、ワクチンアジュバントとして極めて有望な化合物です。
 
当社製品は化学合成品であるため、天然由来の不純物が混入する心配は無く、安心してご利用いただけます。また、脂肪鎖長も完全にコントロールされた単一化合物です。
 
Lipid A (Alcaligenes faecalis)

Lipid A (Alcaligenes faecalis)の構造

 

Code 品名 容量 価格
24018-s Lipid A (Alcaligenes faecalis) 0.1 mg 25,000

 
 

本製品の背景

リピドAは、グラム陰性菌の外膜を構成するリポ多糖 (LPS) の活性中心です。LPSは、グラム陰性菌の内毒素 (エンドトキシン) の本体として知られています。ヒト免疫システムがリピドAを感知するとグラム陰性菌の感染に対する免疫応答を開始します。リピドAには、アシル基の数、鎖長、結合パターンが複数存在し、構造のわずかな違いにより活性が大きく変わることが知られています。
本化合物は、ヒト、サル、マウスの腸内パイエル板組織内共生菌 (Alcaligenes faecalis) から単離、構造決定されたリピドAと同じ構造を有する化学合成品です1),2)
 
Structure of LPS

リポ多糖(LPS)の構造

 
國澤、深瀬、清野らは、化学合成したAlcaligenes由来のリピドAを用いたマウスへのワクチン接種試験を行い、本化合物がIgG産生応答を誘導する一方、顕著な副作用がないことを示しています3)

Structure of LPS
また粘膜アジュバントとして動物実験で汎用されるコレラ毒素との比較実験においても、コレラ毒素よりも強いIgA、Th17応答を誘導する一方、免疫による局所炎症を誘起せず、感染時のみに迅速な応答を誘導することを報告しています4)

 
Structure of LPS
 
ヒト末梢血単核細胞 (PBMC) においても抗体産生を促進するサイトカインIL-6産生を誘導することから、本化合物は今後ヒトワクチンアジュバントへの応用も期待されています3)

 
Structure of LPS
 
 
その他のLipid A関連化合物

Code 品名 容量 価格
24005-s Lipid A (E.coli) 0.1 mg 20,000
24006-s Lipid IVa 0.1 mg 20,000
24008-s Lipid A (Salmonella) 0.1 mg 20,000

 
・データは国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 國澤先生、細見先生よりご提供いただきました。
・本製品は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所および一般財団法人阪大微生物病研究会より特許実施許諾を受けて、当社が製造販売を行っています。
・本製品は研究用です。研究目的以外には使用できません。
 

この記事に対する質問 ・ お問い合わせ

 


  1. WO2018155051A1.
  2. A. Shimoyama, F.D. Lorenzo, H. Yamaura, K. Mizote, A. Palmigiano, M.D. Pither, I. Speciale, T. Uto, S. Masui, L. Sturiale, D. Garozzo, K. Hosomi, N. Shibata, K. Kabayama, Y. Fujimoto, A. Silipo, J. Kunisawa, H. Kiyono, A. Molinaro, and K. Fukase, Angew. Chem. Int. Ed., 60, 10023 (2021). DOI: 10.1002/anie.202012374
  3. Y. Wang, K. Hosomi, A. Shimoyama, K. Yoshii, H. Yamaura, T. Nagatake, T. Nishino, H. Kiyono, K. Fukase, and J. Kunisawa, Vaccines, 8, 395 (2020).DOI: 10.3390/vaccines8030395
  4. K. Yoshii, K. Hosomi, A. Shimoyama, Y. Wang, H. Yamaura, T. Nagatake, H. Suzuki, H. Lan, H. Kiyono, K. Fukase, and J. Kunisawa, Microorganisms, 8, 1102 (2020). DOI: 10.3390/microorganisms8081102


Scroll to top