Angiotensin I 変換酵素の新しい消光性蛍光基質 Nma-Phe-His-Lys(Dnp) 2015/12/08

ほ乳類の体内で Angiotensin I (Ang I) は変換酵素の作用を受けて Ang II となり、血圧上昇作用を示します。この Ang I 変換酵素(ACE) は、血圧を調節している Renin-Angiotensin 系で重要な酵素です。実際、この ACE の阻害薬は抗高血圧薬として使われています。また、特定保健用食品の中で血圧低下作用のあるものには ACE 阻害作用をもつものが多くあり、ACE 阻害作用の測定のための高感度な基質に注目が集まっています。

秋田県総合食品センターの 高橋ら と ペプチド研究所 は、共同研究の結果、高感度な消光性蛍光基質 Nma-Phe-His-Lys(Dnp) を報告しました1)。その感度は下記の表にその結果を示す通り、ウサギの肺 ACE およびヒト組換え型 ACE を使った実験では、現在よく使われている Bz-Gly-His-Leu と比べはるかに高感度です。

 

ウサギの肺 ACE を使った Nma-Phe-His-Lys(Dnp) と 他基質 の速度論的解析結果

Substrate Km (μM) kcat (s-1) kcat/Km (μM-1s-1) Relative activity (%)
Nma-Phe-His-Lys(Dnp) 38.3 196 5.12 100
Nma-His-Pro-Phe-Lys(Dnp)-Pro 16.2 30.8 1.90 37.2
Bz-Gly-His-Leu 1020 838 0.82 16.0
Bz-Gly-His-Leu1) 1330

1) Data from Friedland and Silverstein (Am, J. Clin. Pathol. 66 416, 1976)
 
 

ヒト組換え型 ACE を使った Nma-Phe-His-Lys(Dnp) と 他基質 の速度論的解析結果

Substrate Km (μM) kcat (s-1) kcat/Km (μM-1s-1) Relative activity (%)
Nma-Phe-His-Lys(Dnp) 30.4 487 16.0 100
Nma-His-Pro-Phe-Lys(Dnp)-Pro 6.3 46.6 7.36 46.0
Bz-Gly-His-Leu 1670 509 0.30 1.9
Bz-Gly-His-Leu2) 1540 406 0.26 1.6

2) Data from Wei et al. (J. Biol, Chem. 266 9002, 1991)
 
 

加えて、Nma-Phe-His-Lys(Dnp) は下記の表のように Carboxypeptidase Y より加水分解されることもわかりました。

 

Carboxypeptidase Y による Nma-Phe-His-Lys(Dnp) と他基質に対する加水分解の速度論的解析結果

Substrate Km (μM) kcat (s-1) Kcat/Km (μM-1s-1)
Nma-Phe-His-Lys(Dnp) 60.2 105 1.74
CBZ-Ser-Leu3) 1700 17.9 0.011
CBZ-His-Leu3) 1800 1.4 0.001

3) Data from Friedland and Hayashi (Methods Enzymol., 45, 568(1976)]

 
 

今回新たに発売する Nma-Phe-His-Lys(Dnp) は、今再び注目されているAngiotensin I 変換酵素の研究に欠かす事のできないツールです。是非ご利用下さい。

 

Code 品名 容量 価格
3233-v Nma-Phe-His-Lys(Dnp) 1 mg vial 10,000
3064 Bz-Gly-His-Leu 0.1 g bulk 4,300
3126 Bz-Gly-Ala-Pro 0.1 g bulk 4,300
3128 Bz-Gly-Gly-Gly 0.1 g bulk 2,900

 
 

この記事に対する質問 ・ お問い合わせ

Author: Taku Yoshiya

 


  1. S. Takahashi, H. Ono, T. Gotoh, K. Yoshizawa-Kumagaye, and T. Sugiyama, Biomed. Res., 32, 407 (2011).


Scroll to top